« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.23

広島の街の景色

大型ショッピングが中心街から外れて

買物も車での移動になる 

必要以上に物を買わなくなり

若い頃のように 

市内にショッピングに行くのが

極端に少なくなった 

用が無いとまず行かない

最近 久しぶりに昼間の中央通りを走った

古くからあったお店から 見慣れない洒落たお店に 

とって代わったようだ

『随分と街が変わってきたなぁ』と

感慨深げに窓越しから 眺める

若い人ばかりで 年配の人は少ない

いつの時代も 街はそうなのか…

三丁目の夕日のように

広島市内も1970年代前後は大きく様代わりした

新しくそごうがオープンして福屋 天満屋 三越の百貨店が

市内を活気づけて 本通もおしゃれなブティクが並んでいった

一時期 中央通は歩行者天国になり

足を止め 円いテーブルの前にすわり

家族づれや 友達同士や カップルがそぞろ歩き

通り過ぎるいろんな人たちを眺めていた

用もないのに 休日になると街にくりだして 

ウィンドーショッピングを楽しんで 

金正堂で本を品定めして 文庫本を買い

のっぽビル地下の蟻の巣でコーヒーを飲み 

映画のポスターを買って 

赤縞のバスにゆられて帰途につく

それだけで 休日は終わってしまうが

次の一週間の英気を 市内の空気から養っていた

なつかしい思い出も 天満屋が閉店になると

そういう 時代が終わってしまう 

一抹の寂しさがある

今日の一枚(平和公園は 変わらない)

 が 川沿いのお洒落なカフェ 

    宮島まで観光リバークルーズ 

     水上タクシーが現れる たまに俄ミュージシャンも ♬

H240223

風景のイラスト有り〼 ↓
http://www.e-digigra.com/title_page/NEOKIRIE_index.html

2012.02.22

パソコン編集の便利さと危うさ  

前回ショートカットの便利さと危うさ の体験を書いたが

こういう失敗も 昔やってしまった

100ページぐらいの記念誌の仕事を受けた時の事

一人で作業するには限度があり

こういう編集は数人で一緒に進める

記念誌のため沢山の寄稿された原稿用紙から

まずはシンプルテキストに文字入力をする
 
ひとり 一人の思い入れのある貴重な原稿だから

読みながら丁寧に入力していった

写植屋さんなら 文字入力に慣れているから

スムーズにいく作業も 文字入力からミスが出やすい

慎重に沢山の原稿用紙をこなしていく

文字校正を丁寧に モレや誤字脱字がないように心がけた

次にデザインレイアウトした中に文字を流し込む

校正して 印刷前のチェックをクライアントに

見て頂き 再校を繰り返して これでOKとなる

印刷に入る 試し刷りして 色校正

再度 校正を済ませ 本格的に印刷になる

記念誌だから 何回も発行することはない

一度きりの大切な出版となる

印刷が出来上がり 納品となる

大変喜んでいただき 一安心

最後に一言

『良くしてもらったので 言えなかったのだが…』

と 1ページ近くの文章が抜けているとの事

『えっ!』 目が点になる

帰って確認したら本当に文章が がっぽりと

抜けているではないか 何故に…

他のものに修正させたから と言うのではないが

皆の目で校正しても分からなかったのは

文字を選択して 修正の為に入れ替えた文章が

似たような文章の為に 一瞬にして選択文章以上を

取り替えてしまった事が 原因だった

思い出話の内容なのだが 途中文章が抜けていても

読んでもスムーズに読めてしまい 全く気が付かなかった

綺麗に出来上がった記念の本に

追加の1ページを印刷し 残念なことに…

ー 遠慮なしに 早目に仰ってくだされ ー

そして パソコン上で編集作業時の 

コピー&ペーストで文章を選択する場合は

お気をつけあそばせ ・・・

今日の一枚(思入れのある文章は 何処に)

H240222


くねくねハリガネイラスト発売中 ↓
http://www.e-digigra.com/EP_Webdata/EP5_6.html

2012.02.21

ショートカットの便利さと危うさ

一般に ショトカットと言えば

ヘヤースタイルを短くした様子で

主に理美容院などで使う用語だが

パソコン制作している人にとっての

ショートカットも よく使う言葉のひとつ

ショートカットとは パソコン操作をする時に

メニューバーから選んで操作するのと同じ機能を持ち

暗号文字のごとく2~3のキー入力の組み合わせから成り立つ

その組み合わせを打ち込むと 効率よく仕事が進む

よく繰り返して使う操作には そのショートカットを

覚えておき キーボードのみで仕事が出来る

明らかに メニューバーからプルダウンして

希望するメニューを選ぶよりも 速い処理が出来て

早く仕事をこなすには 覚えるしかない

command(コマンド) shift(シフト) option(オプション)の

常連キーとその仲間の英字のキーの組み合わせが

どのアプリケーションソフトにも組み込まれており

便利機能のひとつとなっている

コピー&ペーストはもちろん 検索も

新しいファイルを作成するのも

既存のファイルを 開いて閉じるのも

フォントパネルやカラーパレットを 表示させるのも

拡大縮小も保存も印刷も まだまだ多くの機能を

キーボタンをポンと押すだけ

瞬時に命令に従うパソコン

人間じゃ こうは素直に動かない分 

言う事をきくパソコンの忠誠心は 見事なものだ

しかし 便利が良い分 あやうさも占めている

ある時 制作しているファイルを開こうと

ハードディスク内にある定位置のフォルダ名を

クリックオープンしようとしたが フォルダ名が無い

フォルダ自体が見当たらないのである

 『えっ? ええ〜? 』

 『どこいった どこに隠れているの』

辺りを探す 他のフォルダに入ってしまったのか

検索するにも たちまちの名前をつけ 

曖昧にしていたので 分からない

思うに大切なファイルなのに バカだな 

 『まさか… ウイルスが持って行った 』

不安がよぎる ウイルスが入るような行為はしてない筈…

いつも ゴミ箱をあさらないが

今日は アタフタと あさる私

沢山捨てたゴミにまみれて あった あった

よく見ると 他にも必要な書類がいくつかあった

捨てた覚えはないのに 何故こうなるの

 『ショートカットでcommandとdeieteを押した?』

背後で相方の声

押したかどうかは 覚えていないが

ショートカットに頼って commandを押した状態が多い私 

しっかり見てなかったが まさか…

これまでも ゴミ箱の中を何回か片付けた

他にも 有るかも知れない 

『ああ 思い出したくない』と 言ってる場合?…

思い出せない名前をつけるんじゃない!

ちゃんとした名前つけようね ハイ

今日の一枚(今日は コマンドQ)

 H240221


記号・アイコン素材有り〼 ↓
http://www.e-digigra.com/DIGI3_IN.html

2012.02.20

歌は世につれ 世は歌につれ


♪ ルー ルルルー ルー ルルルー ♬


最近 外国で【夜明けのスキャット】が再燃しているという

【夜明けのスキャット】は子供の頃 聴いた流行り歌だった

歌詞を覚えないでも歌えるので 学校の帰り道でも

ついつい鼻歌まじりに 口づさんでいた

あの頃は 万国博覧会の開催される前で

日本中が これからやってくる未来と 

過去の重苦しい気持ちが 入り乱れた時だった

学生運動や浅間山荘の事件も前後あり 

高度経済成長に移行し 時代が目まぐるしく変わった

次から次にと 新しいものが取り入れられ

世間の生活が ぐんぐんと上昇気流にのり

でも 残されていた若者の気持ち

エネルギーを押さえつけられたような 

何とも もどかしい理不尽なものを 

夜のラジオから流れるメロディーが

リスナーの心を鎮めてくれた

歌詞がない分 それぞれの人が

それぞれで気持ちで聴いていたと思う

今 聴いていると あの頃の辛い事は

この歌とは 重ならない

あの頃を思い出しはするが 他の歌と異なり

すべて 受け入れ すべて 流れて行く感じ

すべてが時代と共に 流れていった

そんな時代もあったよね と

いつか 話せる日が来るわ

あんな時代もあったねと

きっと 笑って話せるわ

中島みゆきさんの【時代】が気持ちを代弁してる  

歌は世につれ というけれど

時代はまわってきて 歌もまわってきた?

今日の一枚(高度経済成長した日本は 今…)


H240220


ベクトル3Dのグラフィックパーツ有り〼 ↓
http://www.e-digigra.com/DI3D_IN.html

2012.02.19

寒い夜は 鍋料理に限る

ここ2〜3日夕方になると一段と冷え込む

外に 雪がちらちら舞っている

雪が降っているのを見るのも

外に出て 空を仰ぐのも子供の頃から

犬が駆け回るくらい 私も好きだ

しんしんと降りつもる雪の中を

どこまで積もっているのかと窓越しに見る

市内は あまり積もらないし

積もっても 1日すると消えてなくなる

遠くの山々は 白く雪帽子をかぶり

その先の麓に住んでいる人たちは

屋根の雪おろしが 大変なことだろう

少しの雪ならロマンチックで素敵だが

現実問題 ドドーンと大量に振られては

生活事態が脅かされてしまう

ニュースで見る限り 今年の冬は寒くて 

日本海側や東北地方は 例年より雪も大量で

右往左往して 対策に取り組んでいるようだ

こんなに体が冷え込む日は 温かいものが欲しいね

そう言いながら ここ最近鍋料理が多い

その日の雰囲気で 何の鍋にするか決める

下ごしらえする材料を 取り敢えず調理台に出し

全て切って用意していく

簡単な出汁と具材を 土鍋に入れて煮たさせる

食卓で タレにつけて頂く

あっと言う間に 食べ終わる鍋料理

それでも体は温まり 心までホカホカになる

寒いからこそ合う 鍋料理

夫々の家の鍋料理は 子供にとって故郷の味

 ・

【日本の夏 金鳥の夏】のCMにあやかって

【日本の冬 鍋料理の冬】… 良いキャッチコピー…

今日の一枚(今日は おでんにしようかな…)

  子供の頃 チビ太の持っているおでんに憧れていたよ

H240219_2

ワンカットのかわいいイラスト有り〼 ↓
http://www.e-digigra.com/catalog_page/cata_won1.html