写真 Feed

2013.05.24

初めての緑化植物公園

H2505247

高速を使わないで のんびりとドライブがてら

初めて 緑化植物公園に行く

地図を見ると 市内よりずーんと離れている

しかし 車は便利が良く40分前後で目的地に着く

車だと市内より県内の行きたい所へどこでも行ける

車の免許を持っていない昔は 行ける場所ではなかった

いくらどんなに 地域の見所や特産物を宣伝しても

「そうなんだ」「すごいなぁ」「行ってみたいなぁ」

遠足や修学旅行ぐらいで 縁のない地図上の事だった

車の免許をとってから そういう意味では

人生に 視野を広げる手段となる

行きたい所には 道のある限り どこでも行ける

手荷物が重くても 車に乗り込めば

簡単に運んでくれるから 

必要なものを 考え込まないで済む

その考えで 安易に行きたい所へ

ドライブと称して ハンドルをとる隣に座る(テヘ…)

最近 ハンドルをさわっていないなぁ

着いてみると 本当に自然の中の公園だ


H2505242


桜も桃色あり 白色あり 花びらがドレスのよう


H2505243


モクレンもイブニングドレスのごとく大人の香り(縁がないわ…)


H2505244

とても手入れされており

ここ全植物が 愛されているのが分かる


H2505245

新緑の影から差す 柔らかい光も


鳥の鳴き声も しばしの騒音を忘れさせ


グリーンシャワーが 癒してくれる


こういう虫食いが また面白い

Z

H2505241

 





  広島県緑化センター県立広島緑化植物公園


H2505246

HPで 樹木・植物の見所情報は こちら  




★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  



あちこちの気分転換が 次なる素材つくりに繋がります

飾り罫 地紋 イラストグラフィックパーツ素材集は

下記のサイトで閲覧できます

Zunozaienozai

★読んでくださり有り難うございます★

にほんブログ村 デザインブログへ

 

 

2012.11.27

てくてく歩いて紅葉狩り

H2411271

3連休の中の一日 

どこまでも真っ青な空 こんなに天気のいい日に 

家に閉じこもってるのは 勿体ないとばかり

急に思い立ち 三滝寺まで紅葉の見納めに…

散歩がてら 歩いていくことにする 

簡単に 出掛けてしまったのだけど

行けど行けど 三滝まで行き届かない

いつもは車で行くから 数分で着いていたのだが

歩くとこんなに長い道のりだったのかと…

途中で引き返そうかとも 頭をよぎったが

意地になり 三滝まで行き着いてしまった

行った甲斐があり 赤い紅葉が待っていた

H2411272

H2411275

H2411274

H2411277

H2411278

H2411279

H2411276

帰りもまた同じ道すがら 川土手を歩き進める

H241127

H24112710

H24112712

H24112713

広島の街は 三角州の地形で川が多く 

いろんな風景を楽しませてくれる

太田川の向こう岸まで掛かる鉄橋や橋の数

黄昏染める川に 映る橋や車・建物 

時折 通る電車や新幹線の音を聞きながら

『こういう休日の過ごし方も 良いかもしれない』

歩くと 車では見られない風景が そこにあった

今日の一枚

  (目で見る風景と 音を聞く風景)

H24112714

KIRIEイラストや日本の風景イラストはこちら

2012.10.17

夜明け前の空は 

H241017



何かが始まる予感

都会に比べて 空が大きく見える

グーンと迫ってくるような 低い雲の群れ


風景画像の左右につづきがあり

広大な パノラマのような世界を

川のほとりで 眺めることが出来る



街並は まだ目覚めが始まる前

黒く続く街並のシルエットを 

ゆらゆらと 川面に写し


決して裏切らない 景色を

時間と共に 提供してくれる


今日は 昨日とはちがう景色を



空模様は 人の心 も・よ・う



H2410172


さあ 明日に向かって 歩きはじめよう

2012.10.05

ジオラマ風景(ユニクロ) その2

ネットサーフィンで立ち寄ったところで

面白いものを見つけた

カレンダーがジオラマ風になっている

よく出来ている 人の動きがテケテケと

滑稽さえにも 見えてしまう


このユニクロカレンダーを

飽きなく見ていて ふと思ったこと

この地球の外で こんな目線の感じで

見ているモノがいるのではないか

私たちが水槽の魚を見ているように

アリンコの行列や小さな草花を見るように

上からじ~と覗き込んで 

どんな動きをする生き物か 見ているのでは…

そう思うと おかしな滑稽な動きはしても

変な悪い行いは 出来ないなぁ と 

子供の頃のように 久しぶりに

メルヘンチックになってしまった

ジオラマ風景は 気分をガリバーにさせる

想像する 創作する 閃く 工夫することは

デザイナーの基本です


http://e-digigra.com/cp-bin/eccube/html/  

2012.10.03

ジオラマ風景 その1

ジオラマでなつかしさを表現



NHKの朝のドラマ『梅ちゃん先生』は

終わってしまったが オープニングの

ジオラマで作られた昭和戦後の昔の風景は

これから日本が活気づく気配を感じさせ

子供の無邪気な姿 大人の物のない生活も

笑顔に満ちて キラキラと幸せを感じる… 

半年間の放映 毎日同じ(少しづつ変わってはいたが)

変わらないセピアの思いの風景が

何とも心地よく見入っていた

ジオラマの風景はよく作られており

時間をかけて昔を再現されていたようだ


自分の体験が 記憶が 目に浮かぶ…


そうだったのか と言うとそうではない

なつかしい思いの風景と思っても

実は 空き地にある土管や紙芝居 路地の自転車は

赤塚不二夫などの少年漫画の世界が主で

シチュエーションがインプットされた感がある

記憶も曖昧で おぼろげな脳の中を


目上の人の話を聞いて 形作ってしまい

記憶の中で自分用にしてたのではないか

そんな自分の思い出なのだが…

でも 昔の何所にでもありそうな光景が

毎日流れるオープニングとしても とても良かった

先日掲載したブログの写真 (大野の町並み)

相方が ジオラマ風に加工してくれた

Photo

結構 『いいね!』この雰囲気


この目に見た風景は またいつの日か


ジオラマの記憶として残るのだろうか




カメラは ジオラマモードがあり


それらしく撮ることも出来る時代になった

昔の日本の生活道具やお祭りイラスト有り〼

 ↓

http://www.e-digigra.com/title_page/NEOKIRIE_index.html