日々つれづれ Feed

2018.08.17

見返りを求めない

*  *  * 

ここ数日ニュースに取り上げられているが

山口の周防大島で行方不明の2歳児を無事に探し出した

大分の78歳の男性がピックアップされている

今までやってきたことを詳しく紹介されて

本人はメデイアの対応に真摯に話をしていた

150人体制で3日間も探しても見つからなかった

男児をものの20分で見つけ出し母親に渡した

2年前の教訓が活かせたと見つけられたことに

喜び涙していた もらい泣きをしてしまう

全国ニュースになっていたのでこの事件を知った人や

幼子のいる家庭や孫のいる年齢の人は他人事ではなかった

【 命は尊い 】

居ても立っても居られなかったのだろう 体が動く

20年ボランティアとしてきたことの重みのある言葉を

画面を通して感じた

被災者を助けるべくボランティアを数多くこなして

経験豊富な知恵を役立てているようだ

助けられた人から見ると感謝しても感謝しきれない

どうやってこの思いを分かってもらおうか・・

『 お風呂に入ってください 』と言った

すぐさま断り 玄関の前で中に入らなかった

捜索ボランティアとして しっかり芯がなければ

一瞬 『 じゃお邪魔して・・』と入りそうになる

入らなければ相手に応えないで悪いのではと思ってしまう

ボランティアとしての心掛けがないとボランティアは

なかなか務まらない

自分の生活に根を下ろして その上で他人のために動く

学問がないだとか 魚屋だったかと 年金生活だとか

これからは社会に恩返しだとか・・

全て いちいち聞いていたがその途端

『 それに比べて 同じ78歳でも・・』

この間まで話題に上っていた人と同じ歳だった

*  *  * 

見返りを求めない人と  見返りが欲しい人と・・

H300817

何か人の為になることをしたら

何らかの見返りは 少し期待してしまう

【 人間だもの 】

まだまだ修行が足りんわい!と天の声

 

 

  上のイラストと文字は素材を使用しました

 【 DE20 / ばらえてぃカット 】

【 グラフィックスタイルシリーズ 】

           *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2018.08.15

お墓まいり IN 山口

H3008151

*  *  *  

数年ぶりにお墓まいりに行って

今までのあれこれを報告してきた

まずは私の母方の墓から参ることに

ここのお寺さん自体が古くからあるのだろう

こじんまりとした墓地で新しい角ばったお墓はポツポツと 

数が少なく 墓地全体に墓石は古く丸みを帯びた形が多い

母方の墓も大正に建てられており角が丸くなり

中ぐらいの墓のその中に一同が眠っている

もう墓守をする人はいるのかどうか定かでない

親戚付き合いのない自分たちは只単に墓まいりで

自分たちの今までの報告をし心を浄化して

帰るだけである

以前に来た時はお墓も歩道の周りも草ぼうぼう

自分たちの墓周りだけ草取りしたのだった

今回もそれで軍手など用意してきたが雑草はなく

歩道は歩きやすいように舗装されていた

歩道は綺麗だが墓は昔のままだ  いつの時の地震だか 

墓石が倒れたままのがいくつかあった

墓地の奥の隅一辺には無縁仏が沢山隙間なく置かれている

随分古いと石も苔むしてくる  時代を感じるこの墓地で

墓石をタワシでゴシゴシしてもちょっとやそっとで

汚れは取れなかった  雨風に降られ暑い陽に照つけられ

風雪にさらされても石自体は年月とともに苔をつけ

ポツネンと座り続けてお墓まいりに来る人を待っている

お花を生けて今までの報告をする

*  *  * 

普段から  おっちょこちょいなのだ

歩道が舗装された途端  参るお墓を間違った

墓周りを綺麗にして手を合わせる段になり

相方が何か違うみたいだという・・

『 えっ!』

 『あっちじゃない?』

『 あっ!』

神妙な気持ちが思わずぶっ飛んだ

一瞬 生けた花を全てかっさらい 次なるお墓へ

また手順を踏んで最初から・・

今度はちゃんと確認して報告と相成った

お墓の名前も少し崩れて読みづらかったのだ

少し後悔・・どこのどなたか知らないけれど

お花を少し残しておけば良かった・・非常な心だ

*  *  * 

相方の義母の眠るお墓は綺麗で大きい

囲いもあり間違うこともなく 滞りなく終わった

帰る時はいつも 『 バイバイまた来るね 』 と

言うけれど 次はいつ参るのか定かでない・・

*  *  * 

山口の大島で2歳児が行方不明になり凄く心配したが

三日目に見つかって安堵した  

お母さんが呼ぶ声は胸が締め付けられる 辛い 

同じぐらいの孫がいると他のニュースどころではなかった・・

H3008152

いろいろ体験する夏だけど いい思い出だけを残したい・・

           *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2018.08.06

原爆死没者慰霊碑【 ヒロシマ 】

*  *  * 

八月六日 原爆投下により直後に亡くなった人

数日の苦しみの果てに亡くなった人

被爆の傷を負って治療の甲斐もなく亡くなった人

毎年毎年  亡くなり名簿に書き加えられ

約30万の人の名簿が収められた慰霊碑

原爆投下より73年経った今年も慰霊碑の前で式典があり

朝5時半すぎには公園内に足を運ぶ黒礼服の高齢の方や

平和学習のような親子連れや外国人の団体など見かけた

この日のために大勢の国内外の人々が慰霊碑の前に集まり

祈りを捧げた 

H300806

【 安らかに眠って下さい 過ちは 繰り返しませぬから 】


碑文は

すべての人びとが、原爆犠牲者の冥福を祈り、

戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う

言葉である

*  *  * 

碑文に対して  色々と言葉が適切でないとか

内容がおかしいとか議論はあったようだが結局のところ

誰が罪を犯して爆弾を投下したとかではなく

全世界の人に向けて戦争は人々を滅ぼすということ

それを一人ひとり肝に銘じて過ごしていかなければ

いつ箍が外れて同じ苦しみをするかもしれない

ということだ 昭和の戦後と平成時代は戦争もなく

幸せな生活を送ることができている

人々の心の中に戦争はいけない 争いごとは良くない

他の解決策を探しているからに他ならない

年々 平和記念式典に戦争を知らない世代の人たちの数が

多くなっているが原爆を受けた人の数は年々少なくなっている

原爆を受けた苦しみを人生の中に閉じ込めて生きている方の

心の声を聞かなくてはならない

H3008062_2

戦後の広島で生き残った人の『生きていくことが恥だ』と

思わされることがどんに辛いことだったか

苦しんで亡くなった人に申し訳が立たないという心と

原爆を受けていない人からの酷い差別もあり仕事も

結婚も思うようにいかないことが多くあった

今 平和について考えることのできる広島のドラマもあり

素朴だけれど感謝や有難いと思う気持ちが芽生えれば・・

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2018.07.30

西日本豪雨で広島につけた傷跡

*  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

土砂くずれと水害が西日本に大きな爪痕を残した

沢山の死者が出た まだ行方不明者もいる

床下浸水や床上浸水に土砂で家を流された

道路もくずれ寸断された 孤立した街になる

大きな石がごろんごろんと街の中を転がっている

酷暑の中をたくさんのボランティアや自衛隊により

少しずつ土砂も家の中も片付き始めている

高速道路やバイパス道路は規制されているところもあるが

広島県内の国道2号線は全て開通して 寸断されていた道路も

復旧工事のおかげである程度通れるようになった 

物流の動きもスムーズに行き始めモノが行き来し始めた

*  *  * 

しかしまだまだニュースに取り上げられていないが

大変な酷いところはたくさんある

60代夫婦が床上浸水した家の泥出しを作業するために

避難している家から崩落した道を迂回して山道を歩き作業後

帰り途中で熱中症で亡くなったとニュースであった

街中から少し離れた田舎に住んでいる人にとっては

手を差し伸べることもままならないこともあり

聞いていて無情な話に胸が痛む

体力に自信があっても極暑の中で失ったものを回復させるのは

体だけでなく精神面も含めて並大抵のことではない 

自分に実際の体験がないとなかなか理解しがたいことだ

全て失われている人たちに支援物資はこういうものだ

H3007301_2当たり前が当たり前でなくなった今  忘れていたような

ものばかりが羅列されていた 細かいものをいうときりがない

昭和の30年代ごろに普及されていなかった電気製品などは

今は無いと不便な生活を被りストレスになる

この暑い夏を乗り切るためのエアコンも無い・・

*  *  * 

ボランティアをすると言っても若い人たちは皆社会人が多い

休日でないと手伝えない人ばかりだが地場企業の中で

ボランティアに出向く人に出勤扱いにするといった動きが

ニュースであった

平日にボランティア活動してもらうことで会社で

仕事をしているのと同じ扱いにするという

こういうところは個人ではなんともできないが

企業の協力があっての話だけに被災者には有難い

*  *  * 

被災に追い打ちをかけるように台風が起きて

西日本を通り過ぎた週明け  またしても川や道路に土砂が

押し寄せたりし災害を免れることがなかった地域もあり

今回の台風は今までにない反対急カーブの進路を通り

東日本にも多大な被害がおよんだ 

七月の終わりによく催される花火大会や祭りのイベントや

プールなど中止になる所も出て子供達の多くの楽しみが

奪われることになった  そして中止試合の多い今季カープ   

マツダスタジアムのDeNA3連戦の最後試合も早々に中止になり

静かな夜を過ごした  今年の夏 まだまだ極暑は続くが

せめて八月の夏は心穏やかに過ごしたい・・

H3007302

玄関先と言っても室内のことであり外ではもっと

高いあろうが出る気は無い  今月の電気量は最高潮!

 *

 * 

上のコミカルイラストは素材は

【 EP15 / APPLIQUEクラブ 】より

  下記のHPでその他ずらり素材集が揃っています!

             *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2018.07.26

諦めるか 諦めないか

Rogomark

    殿!一大事でござる・・

*  *  *  

『 携帯がない!』

どこを探しても見つからない

相方に知らないか聞いてみた

『 いつから?』

 『 昨日じゃったと思う 』

本当に昨日かと聞かれると怪しい

なんせ一昨日の夕食も瞬時に言えない

時間を掛けないと・・掛けても思い出せない

*  *  * 

人の顔もまともに覚えていないのに

特徴や服の色なんて乗っていた車の形なんて

はっきりと言える自信がない

任意同行で取り調べられる段になると

曖昧なことばかりでノラリクラリとなるだろう

  交通事故を起こした時に曖昧な返事をすると

そこは『 はっきり言わないと調書が取れない 』と

押し切られるとうっかりナンチャッテ白状となった

『 みんな 運が悪かった と答えるんだよ 』と言われた

迫真に迫った言葉に乗せられて曖昧で覚えていないことまで

『 はい そうです! 』時間を掛けないまま事件解決

本当のところは違うところにあるのだけど性格上流された  

もし事件が降りかかると後の免罪で困るのだろうか

親子丼だけ食べて保釈されればいいのだけど・・

*  *  * 

ところで携帯の話である

前日 家の中から一歩も出ていないので

無くなった携帯をこの暑い室内を右往左往して

上から下まで 隙間まで奥まで ひっくり返してまで

部屋中を探すと汗がダラダラで『 もういいや・・』

諦めモードとなる 朝から昼にかけて探した

私の場合  最近はパソコンからメールやLINEで

会話も画像も動画も事足りる

新しいもの好き相方が『 この際新しいのを買おうか 』と

諦めが早すぎる まだ一日も過ぎていない

ましてや携帯なんて持っていても無用の携帯であり

一ヶ月に数回使えればいいほうだ それを

大事そうに持っているほうがおかしいのだ

と 開き直っても仕方ない 探すとしよう

相方も一緒になって探してくれたが探す場所が

冷蔵庫の中だとかキッチンの下だとかお風呂まで

『 そんなとこに置くか? 』というところを探す

まあ私の手元を離れれば  それもありか・・

諦めて夕食の準備に取り掛かった途端 相方の声

『 あったよ~ 』 なんと明るい響き!

 カープのように諦めない根性が相方には  あった

*  *  * 

H300726

  上のイラストと文字は素材を使用しました

  上のお侍さんはデジグラ工房のマークです

このマークは  日本ならではのデザイン素材を扱うチラシや広告の

お役に立てる素材の印です

            *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪