« 『形あるものは 壊れる』 | メイン | 歌は世につれ 世は歌につれ »

2012.02.19

寒い夜は 鍋料理に限る

ここ2〜3日夕方になると一段と冷え込む

外に 雪がちらちら舞っている

雪が降っているのを見るのも

外に出て 空を仰ぐのも子供の頃から

犬が駆け回るくらい 私も好きだ

しんしんと降りつもる雪の中を

どこまで積もっているのかと窓越しに見る

市内は あまり積もらないし

積もっても 1日すると消えてなくなる

遠くの山々は 白く雪帽子をかぶり

その先の麓に住んでいる人たちは

屋根の雪おろしが 大変なことだろう

少しの雪ならロマンチックで素敵だが

現実問題 ドドーンと大量に振られては

生活事態が脅かされてしまう

ニュースで見る限り 今年の冬は寒くて 

日本海側や東北地方は 例年より雪も大量で

右往左往して 対策に取り組んでいるようだ

こんなに体が冷え込む日は 温かいものが欲しいね

そう言いながら ここ最近鍋料理が多い

その日の雰囲気で 何の鍋にするか決める

下ごしらえする材料を 取り敢えず調理台に出し

全て切って用意していく

簡単な出汁と具材を 土鍋に入れて煮たさせる

食卓で タレにつけて頂く

あっと言う間に 食べ終わる鍋料理

それでも体は温まり 心までホカホカになる

寒いからこそ合う 鍋料理

夫々の家の鍋料理は 子供にとって故郷の味

 ・

【日本の夏 金鳥の夏】のCMにあやかって

【日本の冬 鍋料理の冬】… 良いキャッチコピー…

今日の一枚(今日は おでんにしようかな…)

  子供の頃 チビ太の持っているおでんに憧れていたよ

H240219_2

ワンカットのかわいいイラスト有り〼 ↓
http://www.e-digigra.com/catalog_page/cata_won1.html