« あがたの森 | メイン | 四柱神社に参る 縄手を通る »

2017.05.15

鰻&スッポンの美味しいお店『 山勢 』その2

松本駅近くでお店を構えている『 山勢 』の鰻

前回の ブログ でお店の紹介をしていますが

鰻の詳細までは記していません 

何故? それは・・・

美味しい鰻を一言で表すのがもったいないという思いです

美味しいという記憶は人生で数えるほどしかないと・

食べるということ以上に  味わうということは

贅沢な行為であり  人の心を豊かにするのです

ずいぶん昔  二十代の頃はまだ味を知らなかった

今では鰻もスーパーなどの店頭に並び庶民の口に入り

お店で食べている人も多いだろう しかし高級魚である

生まれて初めて鰻を味わったのは

社会人になって結婚し子供が生まれ三十代を過ぎて

デザイン会社の関係の友達仲間と連れ立って夏キャンプに

行った時のことだった 懐も豊かになってきた頃だと思う 

キャンプ場所は島根県浜田市の旧小学校のあった所で

だだっ広い講堂に泊まり そのまま形の残っていた給食室で

食材料を持ち込み料理をこしらえた 

その時に浜田の漁港でさばいたばかりの鰻を

手配してくれた地元の印刷関係仲間がいた

タレもまた知り合いのお店から調達された

ワイルドに串に刺した鰻を炭火でこんがりと焼き

タレのついた鰻をみんなでいただいた

焼いている時の臭いも想像を超えていた

バーベキュもあっただろうけど この時の

鰻とタレの美味さが心の中に染み付いている

私は興奮して残ったタレだけでも欲しいと懇願した

『 こんなに鰻は美味しいのか 』と感動したことを

今でも鮮明に覚えている 

それ以上の鰻はその後  味わったことがない

と いうより鰻のお店に行く用がなかった・・・ 

今回味わった『 山勢 』の鰻は

あの頃に味わったような鰻でした

他の料理を食している合間に店主の富ちゃんが

丁寧に鰻を調理して焼いて出してくれました

初めは白焼きの鰻 

Siroyaki

初めはそのままで食し 山葵をちょこんと乗せて・・

皮はカリッとし  身はふわっとした口当たり

その後にスッポンのスープ

Soup

『 スッポンの出汁って美味しい! 』

だから鍋があるのは当たり前なのかと改めて納得

お待ちかねの鰻の蒲焼登場!

Kabayaki

味のあるお皿に乗ってやってきましたよ!

ご飯は別によそわれてきました

Gohan_3

お酒を飲みながら鰻をつまむも美味し 

山椒をかけるとまた異なった味に・・

ご飯と共に食べると味が調和されてホクホク

お茶をかけて山葵と一緒にお茶づけ感覚で

Gohanto

食べると本当に色んな楽しみ方が味わえて

『 余は満足じゃ 』の世界になりました

お酒も入っているのだけど美味しいものを口にすると

Sake

至福の時であり  自然に笑顔が出てくる 

口元がほころぶ 言葉も自然と丸味を帯びる 

美味しいものを美味しく頂けることは普通ではない

 【  料理する人の気持ちが入り

      それを食す人の気持ちが迎える 】

鰻とスッポンを味わって心もお腹も満足になる

そんなお店 鰻の『 山勢 』やませいでした

-----------------------------------------------------

Map_2

-----------------------------------------------------

昼も行きました!  お昼のブログ

 

                     *

                     *

H290508

上のイラスト素材は 【 影グラフィック 】

切り絵イラストなど和風イラスト中心のイラスト素材です

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪