文化・芸術 Feed

2014.10.28

食欲の秋 ♪ 広島のお好み焼き

H2610281

休日に広島フードフェスタがあり球場跡地では

【てっぱんグランプリ】の催しがあった

最近 お好み焼きは家でしか食べていないので

県内のいろんなお好み焼きを味わうことを

楽しみに行って来た

8種類4分の1づつ全てを食べてみた

廿日市の牡蠣入り 三次の辛い麺入り

尾道の砂ずり入り 世羅のトマト入り

神石の牛肉入り 呉の饂飩入り

三原のモツ入り  広島のチーズ入り

基本的にお好み焼きの形態は同じだけど

それぞれ中に入れる具材のあと数品が特長の

楽しめるお好み焼きだった

「牡蠣のエキスが出て味を深くしている」

「そばの口当たりが柔らかくもっちりしてる」

「ソースの味が美味しさを引き立てているよ」

なんてテレビに出ているグルメレポーターのように

うんちくを言いながら食べたのは初めてだ

しかし 全体的に言うとなると

家で作るお好み焼きのほうが断然美味しい

1週間に一度 相方が毎回工夫してつくるお好み焼き

もう何度焼いているか分からないが

毎回作る度に反省して「次はこうしてみよう」と意気込み

本当に美味しくなってきている気がする

調味料もさくら海老を摺ってみたり

牡蠣を入れたり  カツオ節  揚げ玉に拘ったり 

粉のゆるさ  生地の焼き具合  キャベツの蒸し具合など

どれをとってみても同じものがなく まだ進化している

1週間に一度  私が料理を作るのが楽になる日があることが

気分も相成って美味しく感じさせるのかもしれないが…

今回【てっぱんグランプリ】に行って気が付いたこと

広島県内それぞれの特長あるお好み焼きは

それぞれの家庭で味わう それぞれの味の見本

ということだと思う

広島のお好み焼きは「こうだ!」というのでなく

家族揃って食卓を囲む「我家の味」を作り

家族の会話をつなぎ 家族の幸せを作る

【 家族の形は食卓にあり 】

B級グルメは 家庭の暖かい味である

今日の一枚「お好み焼きは文化だ」

H2610282

一番上のイラストはこちら→コミュニケカット 

自社の素材を使い制作してみました

アイキャッチャー的な使い方のできるイラストです

                     *

 他の素材はデザイナー御用達素材で

☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

新しく開設したデザインのホームページ

☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

                     *

                     *

  ★読んで頂き有り難うございます。★

   にほんブログ村 デザインブログへ   

  

                     *

2014.04.28

ごきげんよう さようなら

なんと耳あたりのいい言葉遣いでしょう

最近はあまり耳にしませんでしたが

昔は 風にまじって耳にした気がします

今は 上品とは程遠い温もりのある広島弁で

『元気かいね』『じゃあね』

笑い声も『アッハッハ』と喉奥が見え

猿の玩具のごとく手をたたいて身体で表す

人の多いこと 多いこと 

H2604281

『おほほ』『うふふ』と口をかくす所作は

どこにも見あたらない今日このごろですが…

朝のテレビドラマ【アンと花子】の最後に

美輪明宏さんの台詞

『ごきげんよう さようなら』

思わず 繰返して言っちゃって仕事場に…

必要以上の敬語は口から出ることもないですが

このぐらいなら 言えそうだわ

前の【ごちそうさん】のタイトルも良い言葉なのに

子供の台詞に私には違和感があり『御馳走さま』でしょ と

微妙な事で ひとりつっこんではいましたが…

そう言えば テレビもラジオもいつの頃からか

アナウンサーの話かたが 相手が目上目下かかわらず

対等な物言いになって遠慮がない

ざっくばらんで親しみを感じると言えば聞こえが良いが

聞く側としては せめて会話ぐらい

耳障りな現代省略言葉は遠慮して欲しい

言葉は文化 生活圏の会話も文化 

日本の言葉は丁寧語 謙譲語 尊敬語など

つかうに難しいものが多く間違って使うと

恥をかくのでは ということから中々浸透しない

単純な言葉に言い換えて 英語に当てはめて

使うことが常態化してしまっている

誰か 日本の良い言葉を浸透させて欲しい

テレビ ラジオ WEBで 耳に残るように…

『いらっしゃいませ こんにちは』

H2604282

   『はぁ〜・・・ ぁ 』

上の 明るい今風イラストは

こちら→ 10人家族の生活日記 

デジタル素材作りも精進してます

 素材のデジグラ工房

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

素材の仲間入り『ぴく斗フォント』も好評発売中です

      ★ DTP*WEB SHOP  開店中 ★

  Zunozaienozai

 貴方の求めている素材が見つかりますように

 収録内容がすべてご覧になれます。

イラスト・飾り罫・地紋・記号・デザインエレメント等あります。

♬  新素材集も どんどん増殖中!   ♬

新しく デジグラ工房 Yahoo店 開店しました

★★★ ただいま特価で販売していますよ! ★★★

                     *

                     *

  ★読んで頂き有り難うございます。★

   にほんブログ村 デザインブログへ   

                     *

2014.04.22

広島弁満載! がんぼ

H2604222

『なんじゃけぇ』

『ありゃせんわ』

『・・・じゃ』

『じゃがのう』

『自分の心配せえ』

『だまらしたる』

『・みてくれんさいや』

『そうしてもらいましょうかのう』

『あんた  だれねぇ』

『そりゃ なかろうが』

『うしなうものは ないんじゃけぇ』

『だまされて みんさいや』

『かましたれ』

『あんたら みたいなもん』

『・・・しとんじゃ』

『ましじゃけぇ』

『・・・しませんけぇのう』

『のこっとらんのじゃろう』

『ほうじゃ のう』

『ほいじゃけぇ のう』

広島弁のオンパレードを並べただけで

『広島弁は こわいのう』という感じだ

テレビのドラマ【極悪がんぼ】の台詞が広島弁

三浦友和さん扮する金髪の悪徳コンサルタントが

広島弁が妙に板について『こ  怖い!』

騙されたり逃げられたり金融業者に追掛けられたり

悪者しか出演しないようなこのドラマに

大阪弁でなく博多弁でなく 広島弁が使われる  

広島のイメージは こんなもんでしょうか し ら

昔のヤクザ映画のイメージが全国的には定着してしまい

広島弁は本当は怖くなく ぶち暖かいのじゃけど…

その証拠に 田舎に行くと お年寄りの会話は

ほっこり優しく親しみのわく日本の原風景の一部

『このがんぼうたれが どこのこじゃ』 

と 言いつつ笑顔で叱ってくれる…

以前 東京からの電話の応対で

広島弁でなく襟を正した標準語で話したつもりが

会話の最後に『懐かしいですね 広島弁』と…

東京の人は東京人にあらず  

   ♬ 訛りなつかし停車場の・・・

                                 (by 啄ちゃん)

H2604221

上の 今は無き昭和の田舎のイラストは

こちら→ 影グラフィック

デジタル素材作りも精進してます

 素材のデジグラ工房

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

素材の仲間入り『ぴく斗フォント』も好評発売中です

      ★ DTP*WEB SHOP  開店中 ★

  Zunozaienozai

 貴方の求めている素材が見つかりますように

 収録内容がすべてご覧になれます。

イラスト・飾り罫・地紋・記号・デザインエレメント等あります。

♬  新素材集も どんどん増殖中!   ♬

新しく デジグラ工房 Yahoo店 開店しました

★★★ ただいま特価で販売していますよ! ★★★

                     *

                     *

  ★読んで頂き有り難うございます。★

   にほんブログ村 デザインブログへ   

                     *

2014.01.05

2014年の始まりは タイムトラベル

10年ぶりの豊町(ゆたかまち)を思い出しながら

町を散策していると 懐かしい空気が漂ってくる

一度しか通った事ないのに ふたたび通ってみると

通りすがりに蜜柑卸の人と『あぁ ここで会話したなぁ』とか

あの頃少なかったお店に入ってトイレを借りたとか

お食事処もなく 町の馴染み客ばかりの食堂に辿り着き

四角いテーブルに腰掛ける セルフでお茶を入れ

配膳の棚にいき 魚と野菜の天ぷらを選んで

あったかい若布の入った饂飩を食べたことなど

島の人たちは 自分から話しかけなどしないが

声をかけられるのを待っている気配を感じた

H2601041

狭い路地が入り組んだ町(お相撲さんは通れないのでは…)

H2601042

ここで全て間に合うようなお店 新聞看板も5種

H2601043

木造の3階立は珍しい

H2601045_2

小学校に遅刻しちゃう~ 足長こども

H2601044_2

小学生のお手本だった勤勉実直な二宮金次郎像

H2601046

花魁のいたお茶屋(若胡子屋)

H2601048

ハイカラな昭和初期の劇場(乙女座)

切符を買う小窓に 味がある

H2601047

日本で一番古い時計屋さん 以前ご主人からお話を伺ったが

いろんな時計を修理をされていた 希少な職人さん

外窓から見えた修理する道具が時を物語る

映画やテレビドラマやレポートに取り上げられると

いろいろな設備が出来て 来る人をもてなす

今回は 同じ場所ながら小綺麗に整えられた壁や道路 

観光の為の案内やお土産も お食事処もしっかりしていた

橋が掛かり陸続きになると 車での往来も簡単で

お気楽なドライブで 町を賑やかにする

町の人も観光サービスで 自ずから声を掛けていた

今は便利になって 困る事がないが 

不便ではあった以前の観光が 心に残る

しかし 島の人々の暖かさは変わらない

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪ 

 今年も素材つくりに邁進してまいります

 どうぞ 宜しくお願いします

 ★ DTP*WEB SHOP  開店中 ★

 図no材ー絵no材

  Zunozaienozai

 貴方の求めている素材が見つかりますように

 収録内容がすべてご覧になれます。

♬  新素材集も どんどん増殖中!   ♬

デジグラ工房(R)の名前は 

デジタル+グラフィックの融合名で登録商標です 

                     *

                     *

   ★読んで頂き有り難うございます。

      にほんブログ村 デザインブログへ

     

2014.01.03

2014年の始まり

テレビで駅伝を見ている間に 年始休日もあと僅か

駅伝の好きな私は お正月の3日間はどうしようもない

テレビに釘づけとなり あっと言う間に過ぎてしまう

『ああ 今年の駅伝もドラマがあったなぁ』と

感慨も覚めやらぬまま その後の過ごし方を考える

天気も良く 澄んだ外の空気にあたりに

瀬戸内海ドライブと称して 出掛ける

10年ぶりに豊町(ゆたかまち)に行った

H2601030_3



以前は 船しか行くことは出来なかった

朝早く一段と冷え込み 広島市内に大雪が降る最中 

広島港に向かったことを 記憶する

広島港から大崎下島の大長港まで船に揺られてたどり着く

大雪は見当たらなかった それだけ瀬戸内海の島々は

温暖で過ごしやすいと言うことなのだろう

現在は 橋が渡り4つ目の島の豊町まで車で行ける

H2601031

安芸灘大橋 片道料金700円 以下の橋は無料 

H2601032

蒲刈大橋 

H2601033

豊島大橋 

H2601034

豊橋大橋 

風景は 瀬戸の光る海と段々畑の蜜柑の木

所々に蜜柑売り無人店があり 袋に入った蜜柑が

行儀良く鎮座している 値札は100円の良心価格

帰りに買う事にして まずは大長の船着き場へ

H2601035

船もあまり来ないので のんびり釣をしている人

広島へ向かう船はなく竹原・今治方面のみ

陸続きになって船の利用者が少なくなったのだろう

前と少しも変わらない待合室に 入ってみた

H2601036

ロケ地になりそうな雰囲気の空間だ

H2601039

町の広告となる店のロゴが 古さを醸し出す

H2601037_2

船着き場の隣に蜜柑を乗せた電話ボックスあり

ゆるキャラよりこの堂々とした蜜柑は迫力ある

H2601038

ここは御手洗港の防波堤と高灯籠(灯台) 

低い部分の石段や石垣が古く 角がとれ丸みがある

この後は 町を散策することに…

次回に

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪ 

 今年も素材つくりに邁進してまいります

 どうぞ 宜しくお願いします

 ★ DTP*WEB SHOP  開店中 ★

 図no材ー絵no材

  Zunozaienozai

 貴方の求めている素材が見つかりますように

 収録内容がすべてご覧になれます。

♬  新素材集も どんどん増殖中!   ♬

デジグラ工房(R)の名前は 

デジタル+グラフィックの融合名で登録商標です 

                     *

                     *

   ★読んで頂き有り難うございます。

      にほんブログ村 デザインブログへ