文化・芸術 Feed

2018.06.09

松本クラフトフェアに

松本で恒例となるクラフトフェアが5月末の2日間開催

H3006091

まだお店が開店する前の様子

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

H3006092

お店が開店するまでのこの時間は水を打ったように静か

H3006093

公園の方も芝生の周りは個性のあるテントが整然と並ぶ

 

あがたの森の広場でところ狭しと作品の数々が展示されて

ひとつづつ足を止めて見入る

まずはじめに蚕の展示 蚕を養殖して繭を作り

糸をより合わせて絹糸を作る

H3006094

見慣れない人は気持ち悪いかもしれないが・・慣れてしまえば

H3006095

種類もある蚕  知れば知るほど奥深い 皇后さまも雅子まさに

次の養蚕のお世話を譲り  その蚕は貴重な小さな繭となる

そういう蚕の絹糸で織物ができる と言う過程と

実際に手作りされたものが展示されている

H3006096

房になった絹糸も購入できるが 小さい体から

こんなに素晴らしいものが作られると思うと

安易に購入していい加減なものを作ることが出来ない

H3006097

購入することができるんだ ということで今回は

見るだけにした 広島では滅多にお目にかかれない展示会

H3006098

染色された糸もある! こりゃ手に入れたい人もいることだろう

絹糸だけでなく羊の毛もてんこ盛りに積まれている

H3006099

染料となる材料

H30060910

いろんな色に染められる植物の材料も色のマジックのごとく

H30060911

こんなに種類があるんだ どんな色に染まるのだろうか・・

飲み物も食べ物もこの公園内で・・

H30060915

食料も用意されて 全て手作り 嬉しい 広島では味わえないよ〜!

H30060916

この日のために焼きたてのロハスパン

H30060912

それぞれのお店がいちいち洒落た憎い演出!

H30060913

ボタンの形のお菓子 手に取るとそれはそれは可愛い・・

H30060914

お菓子でもこれはすぐに口に持っていけそうもない

プレゼントするのに良いような どれも可愛い 

一回で書ききれないので二回に分けて

次回に・・

             *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2018.03.20

カルチャースクールあれこれ

* * * * * * * * * * *

3月頃になると折り込み広告や新聞・雑誌中面に

カルチャー教室の広告がよく入る

H3003201

新しい季節を迎えるにあたり気分一新で

趣味のために少し学んでそこから前に進みたいと

いう人のものから 興味本意でどんなものか

知っておこうかとする人のものから

H3003202

自己啓発の為やこれからもっと会社に貢献するべく

スキルアップさせるものもある

どれもこれも学校ではあまり必要がなく教えていない

H3003203

社会人となり社会教育の一環の教養という分野に属す

社会人になって夫々の得意分野にいた人たちが

先生となり師範となり一般人を相手に教えている

H3003204

生徒となる人は 体験豊富な先生に対し

心して従順に そこから教えを請うという教室だ

* *

この歳になると従順に教えを請うというところで

どうも難がある というのも今まで生きてきて

いろんな体験をし自分の考えも定まってきている

少し興味を覚え  教えてもらうつもりで入っても

こうしなさい!と手順を教えてもらっても

その通りにならないし  しないで怒られる 

先生には先生のポリシーがあり手順を教えて

その通りにさせて初めて教えた となるのだろうが

基本はある程度あるのだろうが  会費を払う以上

材料を無駄にしないよう自分にとって良いものを

作りたいと思うと 言われた通りにならない

特にグラフィックデザインをしている人間は

自分勝手な人間が多く想像力も自分勝手である

一つのことであちこちに創造が働いて

教えてくれるであろう先生に対してその通りに

ならないのが現状である・・ということで

私はとてもカルチャースクールが不向きな人間である

型にはまらない 型にはめられない人っている

一人で自己啓発に励むしかない・・・のだ

 

 

上で使用したデザイン素材のタイトルは

【 DG38 / KIRIE系イラスト(カルチャー・小物) 】

【 EP20 / 散布ブラシコレクション 】

【 EP26 / G-STYLE Collection 】

デザイン素材は下記のHPで!盛りだくさんの素材が揃っています!

             *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.11.07

凸版印刷本社の印刷博物館へ

活版印刷に興味を持つ相方のために

印刷博物館へ行った 

H2911071

なんと立派な建物だ事 広島とは違う・・

東京の本社だものね 

印刷文明となる元からの旅をしっかり堪能してきた

文字でコミュニケーションを伝えるという事に

どれだけ人々の苦労と工夫があった事か

言葉でなく情報を分かり易く伝える 広げる 残す  

写真やイラストを入れる デザインする

石から始まり 岩や 木や 銅板や 木版などに

描いたり 彫ったり 印たり  

木から取った繊維で紙を作り 絵の具を作り

摺ったり 文字を写したり 刷って印刷まで

そしてその過程を経てデジタルでの制作となる

印刷の文化そのものが人間の歩んできた道を

表していると言っても過言ではない

人と人を繋ぐコミュニケーションほど

生きた情報を与え  文化の進歩を促している  

印刷が着実に未来へと歩んでいる

昭和のいつ頃までだったか定かでないが

新聞も読本も活版印刷だった 

新しい印刷物はインクの匂いが染み付いて

これもまた新鮮な証だった

小学生の頃に印刷所に社会見学に行って

活字を一本づつ貰って帰った記憶がある

H2911073

木枠に組んでいく仕事はとても職人らしい

黒い腕貫をしてサッサ  サッサと腕を動かす

H2911074

棚に活字がぎっしりと入り 枠ごとに職人が並び

木枠に活字を並べて入れていく

H2911075

級数の大きいのから小さいものまである

H2911076

活字は全て表示が反対になっているので

上に文字が付いているけどスピード命なので

間違ってしまうこともあるのではと・・

H2911077

そこは間違えないように活字のボディの下方に

印の凹みがある ネッキという

大きさや空きのスペースにも刷らない活字を入れる

木枠でしっかり固定して隙間をつくらない

印刷された後はインクを洗い落として

木枠から活字を解版する 

そしてまた使うために活字を元の棚に入れていく

これが大変な仕事で活字を入れる場所を

覚えていないとならない

次は実際に体験した話を・・

                   *

☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

                   *
 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.06.27

まだ10代と侮れない強さ

H2906271

すごいなぁ・・すごいなぁ~

感嘆する声しか出ないよ

全然知らない将棋の世界なのに

続けて入ってくるニュースに気をとられる

負けなしの29連勝ってどんだけ強いのか

一回も負けないで勝ち続けるとは

ただの負けず嫌いは溢れる位どこにでもいるけど

しかし  強い相手を負かして  その強さを飲み込んで

さらに磨きを掛けて強く進化していく

アニメ漫画並みのドラマ仕立て

イヤイヤ 漫画の中で強くて勝ちづつけるだけでは

起承転結の面白みに欠ける これは現実の話

日本男子の形をしたモンスターのようだ

今14歳ということは まだ脳の記憶が盛に作られており

ミスもチャンスも  一度出会ったことを覚え

次に活かされるタンスの中身が増えていっている

駒を読んでウゴメク上昇気流のうねりの中で 

誰がこの普通の顔をした14歳に打ち勝つというのか

本人は謙虚に対局後の話をしているが

きっと相手が誰というより 自分自身の中で

ひょんな指しミスで負けてしまった と言う方が

『 まだ人間なんだ 』と

現実的に皆がホッとする部分かもしれない

とはいえ まだ先の見えない勝負

次の行く末は・・・・

藤井四段には悪いが負けが決まるまでニュースでは

連日取り上げられ賑わいに事欠かないだろう

次なる対局相手の実像にも詳しく迫り

勝負どころを説明し  将棋界の歴史も垣間見れたり

囲碁より将棋に旋風が巻き起きている

10代の活躍が目覚ましい

どの業界にも入り込むコンピュータの勢いもあるだろうけど

2000年前後に育った10代の活躍の勢いが目覚ましい

スポーツ界でいえば野球・ゴルフ・水泳・卓球・体操・

フィギュアスケート・陸上・サッカー等など・・

最近  若い人が昔の記録を塗り替え脚光を浴びている

世界と対等に勝負する姿は見ていて気持ち良い

ゆとり世代とか言われ競争力を培われないで

欲のないように育てられたように見えるが

そんなことはない そんな平均的な集団の中で

悔しさを胸に秘め諦めない根性と溢れんばかりの情報量の中から

上手く必要な情報を取り入れ自分を押し上げている

今の時代において次を担う注目すべき人が多い

その人にあやかろうと関わるものが売れている

経済指数が上がり気がつかないうちに貢献している

私も勝飯にあやかって味噌煮込みうどんなど・・

H2906272

 何に勝負挑むのだか・・

________________________________

役に立つデザイン素材は【 デジグラ工房】

上のテキスト素材は発売する素材集の一部です

このサイトから▶︎  新製品の詳細   を閲覧できます  

このサイトから▶︎ 応援文字 を一部購入できます

使用したイラストはこちらのページから▶︎ 【 KIRIE系イラスト 】

               *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.06.22

すごい・・人が現れたもんだ

宇宙人的な 地球の星の人か?

将棋の新星  藤井聡太四段  弱冠・・14歳

H2906222

将棋の対局を28連勝し新記録を作るかもと・・

ニュースもメディアも俄然賑わっている

20勝を過ぎたあたりからずんずん勝ち

まだ若干14歳というところで騒ぎを大きくしている

一勝すると次の日ニュースに取り上げられ

また一勝 また一勝と連日のように

話題にされ 顔を見ない日がない

どことなくNHKに毎日レギュラーで出演している

井ノ原快彦さんに似た雰囲気がある

フワーとしたような穏やかな顔つきで

28連勝もしたとは思えないような

中央で目立つより端にいるような感じの青年

未来将棋の申し子のようなこの青年?少年なのかな・・

落ち着いた受け答えに  あまり言葉にしたことのない

『 望外 』『 僥倖 』など単語が自然にでてくるところは

一般人とは随分と違う  

棋士になるとはこういうものなのか

まだ14歳だし学校もあり宿題もしなければならない

羽生善治棋士がメデイアに出始めた頃の賑わいを

今また 将棋の世界を再現しているようである

羽生さんの寝癖とも見える後ろの髪が可愛かったが

今回の藤井さんの髪はきちんとしている

幼い頃におばあちゃんから将棋を教わったというが

子供とおばあちゃんの関係も良いのが好感持てる

これから子供用の将棋盤が売れることだろう

もう一度初心に戻って詰め将棋でも・・

H2906221

昨日のNHKのニュースで引退したひふみん(加藤一二三氏)が出演していらした

話が長すぎてアナウンサーが無理な笑顔でどこで切ろうか話を聞くというより

伺うような その姿   それが気になり  ひふみんの話は覚えていない・・ムム無念!

________________________________

役に立つデザイン素材は【 デジグラ工房】

上のテキスト素材は発売する素材集の一部です

このサイトから▶︎  新製品の詳細   を閲覧できます  

このサイトから▶︎ 応援文字 を一部購入できます

作成例として使用したイラストはこちらのページから▶︎ 【 季節いろいろ】3月〜11月

               *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪