料理 Feed

2017.07.21

夏バテ気味に・・松本駅から歩1分の鰻屋

梅雨前線とも  お別れ

急な豪雨が止み 空が晴れると

いつ登ったのか セミの大群のお出まし

うだ うだ うだる蒸し暑い中を

ミーンミーン ガシガシガシ 大合唱の嵐 

耳の中のセミが聞こえないぐらいだ

外の日差しは肌に痛いぐらい差し込んでくる

クーラーを利かし始めると  室内どこにとどまっても

クーラーをつけないと我慢できなくなる

去年も暑かった 去年の今頃も同じように

『 今年が一番暑い 』と言い

今年になると『 今年が一番暑い 』という

毎年 暑くなっていくような気がする

暑くても耐えれる身体が欲しい

『 暑くてスタミナ切れだ~ 』

『 ああ~ スタミナが欲しい 』

スタミナ補給に  どんな食材があるのか上げてみた 

レバー ニラ アナゴ 卵 にんにく 山芋 納豆 貝類 

玉ねぎ チーズ ピーナッツ アスパラ 牛豚肉・・・

食材を買って家で料理はできるものばかり でも

スタミナ補給の王様はこれが一番 

H2907212_3

新鮮な鰻を調理した香ばしい鰻を食したい

そうなるとやはりお店に出向いた方がいい

今年は土用の丑の日が2回

(  得した気分の丑の日 7/25火 8/6日  )

松本に行かれる方はここが  ↓  穴場!

新しく出来立てのお店です

H2907211

出来立ての美味しい鰻に出会えますよ

なぜに鰻はスタミナに良いのか・・・

栄養素はビタミンA・B1・B2・D・E・カルシウム ・

鉄分・亜鉛・DHA・EPA・たんぱく質が豊富という

食材ランキングで言えば怖いもの無しの鰻さまさま

栄養が豊富だからまずは  疲労回復が期待される

他にボケ防止 動脈硬化予防 風邪や肌の抵抗力をつける

骨粗鬆症 眼精疲労などの予防になる 

上に使った文字デザイン【 うなぎ 】【 鰻の白焼き 】は新製品素材です

雰囲気作りの文字に最適な表現素材です 下で詳しい内容がご覧いただけます

鰻のイラストの詳細もこちらで  ▼

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.05.29

松本の蕎麦と天ぷらの話

麺類が好きで特に蕎麦は一年を通して

よく食べている と言っても外食でなく家での話

棒状の乾燥麺なのだが常備用意してあり

休日の朝などゆったりとしている時に作る

湯がくのは食べる時間と合わせている

早めに湯がくと麺が伸びてやわらかくなるので

他の料理や薬味は全て先に用意しておく

たっぷりのお湯で時間厳守で湯がいて氷水に入れ

即座にしめて薬味と一緒にいただく

安い蕎麦麺でも氷でしめて即座に頂くと

お店並みに美味しく味わうことができる

でも  やはり本格的な蕎麦が食べてみたい

信州といえば蕎麦 蕎麦といえば信州と

いうぐらいインプットされているので

松本に行った際 念願の蕎麦を食してみた

 有名処のお蕎麦やさん【 女鳥川蕎麦 】

1metoba_3



風貌は他のお店と同じようにナマコ壁の蔵風

松本産のソバの粉は店内で挽いているそうだ

ガラガラと引き戸を開けて中に入る

お客が散布したように席にいて蕎麦を食べている

靴を脱いで畳の方に腰を下ろした

もう頭の中もお腹もお蕎麦のイメージができている

3soba

お品書きを見るがざる蕎麦と決まっている

『 ざる蕎麦もいいけど・・3段重ねもいいね 』と

いつもメニューを見ると心変わりしていく

2soba2_2

結局 欲張りな味を楽しもうと3段重ねに決める

味はとろろと抹茶と海苔を山葵とネギで頂く

4soba1

包丁で切る麺が職人技なのがわかる 統一された麺! 

麺は細目だが角の立ったほどよい固さの麺だ

それぞれ異なるメニューを選んで少しづつ味を楽しんだ

6tororo

暖かいとろろ蕎麦 出汁が優しくてついつい

飲み干してしまいそう 他人のものなのに・・

暖かいと蕎麦が少し伸びるかなと思ったが

そんなことはなく口当たりも良かった

5tenpura

蕎麦も美味しいけどこの天ぷらも良い

多種の山菜で取り立ての新鮮な野菜だ

風味がよくお蕎麦と相性がピッタリ

味を引き立てるとはこのことだけど

主役になりそうな 地元の山菜天ぷら

家でも食べたいと思い【 アルプス市場 】に寄り

産地の茗荷やたらの芽など山菜を購入して帰る

日を改めて私が料理しようとしたが・・

7tenpura2

    富ちゃんがこしらえてくれた

8tenpura3

【 山勢 】の富ちゃんブラザーズの天ぷら料理

お店の料理はこちら▶︎ その1 その2 その3 )

焼きに定評あるも富ちゃんの揚げたものは初めて・・

天ぷらは大変と思う間もなくお皿に出され

熱々サクっと香ばしくペロリと平らげてしまった

Kitchen

天ぷらを揚げる台所は

  スピード命の空間がある

H290529

上の野菜のイラストは 【 影グラフィック 】 

野菜や魚他、豊富に揃えた切り絵風素材が満載トです

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.05.22

鰻&スッポンの美味しいお店『 山勢 』昼食

今回は日を改めて昼に行った『 山勢 』です

夜と昼と日を開けないで鰻を食べたのは初めて

車で10時間を超える移動の長旅の疲れた体に

滋養がついて体が息を吹き返したような・・

テーブルに座るとまずは鰻ざくをいただきました

Rogo2

時間をかけて鰻を焼くしばしの間は話しをしながらの一品 

鰻の味を殺さない酢物の優しい味わいでした

おっ きました きました ど~んと大きなお皿で

Siroyaki2

香ばしい焼き色の鰻 お皿も探して手配したそうです

この日の鰻は大きいのが仕入れられたのでしょう

鰻はとても大きく  またしても裏切らないお味

鰻に松本の地物の山葵とは良い相性 

パリッとした皮と身の間にコクがあり

山葵をつけるととても美味しい 

ボリュウムがあり これだけでも満足なのに・・

Unajyu

お重がきました 漆の重箱で上品です

ご飯は少し遠慮がちに入っていましたが

足りないとご飯のお代わりがもらえるようです

Sansyou 

男性の二人連れのお客さんがご飯のお代わりを

していました  それでもお茶碗一人分を半分づつで良いと

言って 黙々と鰻に集中して食べてました

Unajyu2

鰻がたっぷりでご飯はお供のような感じでしょうか

お代わりというより この量で十分でした

添えられた手作りのお漬物も残さず無くなりました

とても満腹になり満足でした ご馳走様

Rogo1

Map

鰻三昧の贅沢な昼食をいただきました

たまには  自分にご褒美と称して言い訳をつけて

天気の良い昼さがりにぶらり行くのが良いかな・・・

夜の料理の情報はこちら その1 その2

上に使った2種類の文字デザインは 【 うなぎ 】 【 鰻重 】は

新しい素材集に収録する内容です

鰻重に使った文字はテキストを入力すると四角の枠が自動で付きます

雰囲気作りの文字に最適な表現素材です

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.05.15

鰻&スッポンの美味しいお店『 山勢 』その2

松本駅近くでお店を構えている『 山勢 』の鰻

前回の ブログ でお店の紹介をしていますが

鰻の詳細までは記していません 

何故? それは・・・

美味しい鰻を一言で表すのがもったいないという思いです

美味しいという記憶は人生で数えるほどしかないと・

食べるということ以上に  味わうということは

贅沢な行為であり  人の心を豊かにするのです

ずいぶん昔  二十代の頃はまだ味を知らなかった

今では鰻もスーパーなどの店頭に並び庶民の口に入り

お店で食べている人も多いだろう しかし高級魚である

生まれて初めて鰻を味わったのは

社会人になって結婚し子供が生まれ三十代を過ぎて

デザイン会社の関係の友達仲間と連れ立って夏キャンプに

行った時のことだった 懐も豊かになってきた頃だと思う 

キャンプ場所は島根県浜田市の旧小学校のあった所で

だだっ広い講堂に泊まり そのまま形の残っていた給食室で

食材料を持ち込み料理をこしらえた 

その時に浜田の漁港でさばいたばかりの鰻を

手配してくれた地元の印刷関係仲間がいた

タレもまた知り合いのお店から調達された

ワイルドに串に刺した鰻を炭火でこんがりと焼き

タレのついた鰻をみんなでいただいた

焼いている時の臭いも想像を超えていた

バーベキュもあっただろうけど この時の

鰻とタレの美味さが心の中に染み付いている

私は興奮して残ったタレだけでも欲しいと懇願した

『 こんなに鰻は美味しいのか 』と感動したことを

今でも鮮明に覚えている 

それ以上の鰻はその後  味わったことがない

と いうより鰻のお店に行く用がなかった・・・ 

今回味わった『 山勢 』の鰻は

あの頃に味わったような鰻でした

他の料理を食している合間に店主の富ちゃんが

丁寧に鰻を調理して焼いて出してくれました

初めは白焼きの鰻 

Siroyaki

初めはそのままで食し 山葵をちょこんと乗せて・・

皮はカリッとし  身はふわっとした口当たり

その後にスッポンのスープ

Soup

『 スッポンの出汁って美味しい! 』

だから鍋があるのは当たり前なのかと改めて納得

お待ちかねの鰻の蒲焼登場!

Kabayaki

味のあるお皿に乗ってやってきましたよ!

ご飯は別によそわれてきました

Gohan_3

お酒を飲みながら鰻をつまむも美味し 

山椒をかけるとまた異なった味に・・

ご飯と共に食べると味が調和されてホクホク

お茶をかけて山葵と一緒にお茶づけ感覚で

Gohanto

食べると本当に色んな楽しみ方が味わえて

『 余は満足じゃ 』の世界になりました

お酒も入っているのだけど美味しいものを口にすると

Sake

至福の時であり  自然に笑顔が出てくる 

口元がほころぶ 言葉も自然と丸味を帯びる 

美味しいものを美味しく頂けることは普通ではない

 【  料理する人の気持ちが入り

      それを食す人の気持ちが迎える 】

鰻とスッポンを味わって心もお腹も満足になる

そんなお店 鰻の『 山勢 』やませいでした

-----------------------------------------------------

Map_2

-----------------------------------------------------

昼も行きました!  お昼のブログ

 

                     *

                     *

H290508

上のイラスト素材は 【 影グラフィック 】

切り絵イラストなど和風イラスト中心のイラスト素材です

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪

2017.05.08

うなぎ&すっぽんの美味しいお店『 山勢 』

松本の駅前のお店『 山勢 』に行きました

松本駅東口からローソンに向かい  通りをそぞろ歩き

のれんに小さく『 山勢 』の文字

何のお店かと横目で見ながら歩く人は多く

小さくお品書きがあり  鰻&すっぽんをメインに

料理を提供しているお店だとわかります

開店して日がまだ浅く お店周りはスッキリしています

この日は花輪が迎えてくれました

Yamsei_2

上品な佇まいで店内もシンプルです 

まだ生まれたてのお店 店主やお客により

これからどんな色が付けられていくのでしょうか

テーブルに腰を落ち着かせると暫し 無の空間

お客の注文を取ってから 鰻を焼き始めます

そこから鰻への期待があがっていきます

その分 味を堪能したいと思います

初めに鯉の刺身をいただきました

Koisasimi_2

鯉を食すのは初めての体験です 五月の鯉のぼりにちなんで

(カープフアンとしては食えないところですが・・)

新鮮で美味しく味わいました 上に蕨の刻みが乗っています

Suttpon_2

これはスッポンの唐揚げ 鶏よりは濃厚な味わいで

口当たりは弾力があり旨味があります 

骨から身がほぐれ食べやすくもありました

スッポンも初めてです 鰻を食べる人口は多いでしょうが

鯉やスッポンの料理を食べたことのある人はそんなに

多くないかもしれませんが臭みもなく抵抗はありません

Uzaku_2

この後さっぱりとお口直しに鰻ざくにいきます

細切れの鰻でなくゴロゴロとした贅沢な鰻を堪能しました  

鰻の焼いた香ばしい風味と酢味と組み合わさって

これは酢の物と一言で片付けるには勿体無い一品です

頂いてる間に日本酒は【 風の森 】

Kazenomori

料理に合う白ワインのような美味しさでした

松本に合うような素敵な名前ですが御所市のですね

鰻は料理に 鰻の白焼き 蒲焼きたっぷり堪能しました

Sansyou_3

鰻の写真もありますが出し惜しみして・・・

今回はタレと山椒の入れ物で美味しさを想像してください

行って味を確かめてください

続きの 鰻の味ブログ 

昼も行きました  お昼のブログ

鰻は高い!スッポンも高い!というイメージがありますが

一度は味わってみたい方 このお店はお勧めです

コストパフォーマンスもよく 味わいも満足です

昼と夜と分けて1度閉めて開けているお店で

お昼には家族連れやスタミナの必要なサラリーマン

夜はお酒で集う人たちや仕事の疲れを癒し体のご褒美に

2通り楽しめるお店【 やませい 】です

-----------------------------------------------------

Map_2-----------------------------------------------------

駅から近いので行楽に来られた時に

寄ってみてはいかがでしょうか

 

                     *

                     *

H290508

上のイラスト素材は 【 影グラフィック 】

切り絵イラストなど和風イラスト中心のイラスト素材です

          *   *   *

     デザイン素材・イラスト素材は

   ☆ ★ 【MC DESIGN LTD】 ★ ☆

H2609011_2

       デザイナー御用達素材

   ☆ ★ 素材のデジグラ工房 ★ ☆

                     *

                     *

 

   ★読んで頂き有り難うございます。★

     にほんブログ村 デザインブログへ 

♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪